新型カローラフィールダーハイブリッドを上手にねびき

好きなところへ行ける、という車の基本的な理念に重点をおき、トヨタが開発したカローラ。
そして、数々のシリーズがある中、新たに登場したのがカローラフィールダーハイブリッドです。

 

まだ発表から日が浅いということもあり、新車価格は約214万円前後という設定となっています。
簡単には手の届かない価格かもしれません。
かといって、新車で購入するならばどんな風にどこで買っても同じだからと、諦める必要はありません。

 

カローラフィールダーハイブリッドを新車で少しでも安く買うため、上手に値引きをする方法があります。
まず、大幅値引きに適している時期があります。

 

それは決算期である2月と3月、夏のボーナス商戦を狙う6月と7月、中間決算期の9月、年末商戦の12月です。
これらの時期には、ある程度の台数を売り上げることで販売会社に報奨金が出ると言われています。

 

なので、販売会社は報奨金を値引き額に補填することが出来るため、値引き交渉を行いやすいということです。
次に、上手に値引きするには競合車が必要です。

 

他社との競合をあおる事により、販売会社の競争心を奮い立たせ、値引き交渉を有利に進めることが出来るでしょう。
カローラフィールダーハイブリッドならば、フィットシャトルハイブリッドやアクセラスポーツ、インプレッサスポーツなどが競合車としてあげられます。

 

これらの車を取り扱っている販売会社をまわり、値引き交渉を行うといいでしょう。
新車だから価格を変えることは出来ない、値引きすることは出来ないと諦めてはいけません。
このようなちょっとした工夫次第で、上手に値引きすることは可能なのです。