新型カローラフィールダーハイブリッドのハンドリングとエンジン・ブレーキ性能

新型カローラフィールダーハイブリッドのハンドリングは、楽しさこそありませんが、昔のトヨタ車にありがちだったフワフワしたようなセッティングはありません。
そのため、車酔いしやすかったり、足回りが軟らかすぎて疲れるということはありません。

 

ただ、ハンドルの重さは、もう少し重くても良いかもしれません。
新型カローラフィールダーハイブリッドのエンジン・ブレーキ性能は、比較的良好です。

 

ただ、ブレーキフィーリングに関して踏むときはまだよいのですが、抜くときが早く抜けすぎてピョコンと姿勢が変わってしまいがちなのは否めません。
ガソリン車でも頼りなさを感じたのは同様なのですが、そがハイブリッド車にも同じことが言えます。

 

剛性感にも乏しく、回生ブレーキの違和感も加わっていていまひとの感があります。
同乗者に不快な思いをさせないためには、今後の改善が必至かもしれません。

 

ただ、新型カローラフィールダーハイブリッドは、燃費を稼ぎながら急加速以外で違和感を覚えさせないのは圧巻で、走行感覚にあえて違いを感じさせる設定になっています。

 

スポーティーなエンジン性能を楽しむことができるようになっています。